誰でもわかる国際理解教育や国連支援活動を中心としたblogです。              提供:資源循環プロジェクト

by fsun_rrp
 
FSUNメルマガVol.19より
【「突き抜けている。」!~朝鮮中央日報】

 5月に入って発表された、「ある数字」に日韓両国がおどろいた。

 教科書問題や竹島(独島)問題など、韓国政府の厳しい反応や中国の反日デ
モに共感する韓国世論などが、同国のメデイアから連日伝えられていた。「あ
る数字」は、「韓国に旅行した日本人が、前年比30%アップ!」「30歳代
以降の日本人女性の韓国旅行者数が、前年比50%アップ!」この数字を捉え
た「朝鮮中央日報(韓国)」の見出しは、「突き抜けている。」!だった。た
しかに、「突き抜けているかも知れない。」

 「対日感情が悪化!」と伝えられても、一向に韓国への日本人女性渡航者は
減らない。反日行動も起きようとも、ひるまず「冬ソナ」の聖地を訪ねる。
「ヨン様」の映画ロケ地に追っかけ馳せ参じる。なにせ、勢いがある。「突き
抜けている。」!は、実感にちがいない。



 「時代」を動かしたり、後に「文化」を築いたり、はたまた「発見」や「発
明」も、きっと「突き抜けていた事」に違いないだろう。こんな事例を考えて
みた。「日本の陶器」は、「朝鮮半島」から伝えられたと考えるのが常識的だ
が、その朝鮮半島には「龍山文明」(山東省)が伝えられての事だったと推察
される。それは、「青磁」を研究した成果だともいえる。「中国の青磁」は、
「青」というより「碧」。「みどり」の色が強い感じがする。「理由」を司馬
遼太郎の著作を読んで見つけた。中国人の宝物である「翡翠」や「璧」の色に
近づけたいからだ。韓国には「色に関する美意識」はあっただろうが、「翡翠」
や「璧」には執着は無かった。だから「青磁」は、「碧」より「青」の色味が
強くなった。朝鮮から日本に伝わった「青磁」は、「青」を大事に伝承されて
きた。他方、茶道などで「侘び」「寂び」を尊ぶ結果、焼き物としては、「い
びつ」や「ぶさいく」も評価された。伝えられた事が、違う評価方法にかわり、
新しい価値が創造されたからに違いない。当時、「朝鮮中央日報」が発刊され
ていれば、「突き抜けている。」!と報じたかもしれない。

 日本に天台仏教が伝えられて1200年。それ以前に道教や儒教の影響も多
く受けた。日本に根ざしたものは、中国と韓国のそれとは随分ちがうように思
う。例えば神社仏閣建築を見ると陰陽五行説に基づく色やつくりが見られ形は
真似ている。しかし、中身が随分違う。日本人は、「どんな極悪人でも仏にな
る。」いや、極悪人だからこそ成仏するのだともいう。中国や韓国では、極悪
人は死んでも極悪人。墓をあばいて死人に鞭打つ事もゆるされる感覚だ。この
溝は、深く暗い。どんな風に「突き抜けるか」?それを考えたい。
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-16 14:23 | メールマガジン
<< FSUNメルマガVol.20より FSUNメルマガVol.18より >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
LINK
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク