誰でもわかる国際理解教育や国連支援活動を中心としたblogです。              提供:資源循環プロジェクト

by fsun_rrp
 
カテゴリ:FSUN( 3 )
 
たたかえ!NPO。市民に最も近い公共事業
[Vol.13] 2005.1.17

「その日」の報道をどんな思いでご覧になったか、覚えておいででしょうか?その日に思いを馳せながらNPOに檄をとばしたいのです。
 10年前、6433名の命とともに失われた経済喪失は、およそ10兆円とされています。そして投下された復興予算は16兆円。復興に関する地域格差や市民それぞれの内面的な癒え具合は別として、「考え方が違うだろう!」「思い違いだろう」といいたいことがあります。
 c0031438_15324264.jpg

復興予算は、望ましく使ったか?・・・・・続く
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-17 14:31 | FSUN
 
FSUNが阪神淡路震災で学んだこと2.。
[Vol.12] 2005.1.16


1月15日の全国紙朝刊で、東京都と千代田区が非常時にマンホールの活用を行う事を決め、それが可能なマンホールに黄色塗装すると発表しました。
ここからは、お食事がまだの方は避けてください。「あの話」です。 北京観光されたことがある方は、天安門広場で写真をとろうとされて苦労されたことでしょうね、あまりにも広いですから。c0031438_15488100.jpg

続きはこちら
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-16 15:33 | FSUN
 
FSUNが阪神淡路震災で学んだこと1.。
[Vol.11] 2005.1.15

いよいよ、あの日から10年を迎えます。FSUNの会員は、その日々を懸命に生きて復興の礎と成られました。
「国連防災サミット」の事が語られ、「ボランテイア」の在り様も再考されるいま、「学んだこと」を整理します。
FSUNがまとめた「神戸からの報告」は、時の橋本首相に提出されました。そのことに強調されていたことは、非常時に対する備え、つまり危機管理のことです。
例えば、「都市ガス」が「ガス漏れ時間差引火」をもたらし、火災対策が後追いになったこと。復興時は、ライフラインが途切れ、プロパンガスのありがたかった事。電話の通信回線が復旧しても、停電となればfaxや付加価値の付いた電話機能が使えず、具体的な情報提供が叶わず「電気エネルギー依存型社会の問題点」などさらけ出した事。
総称して「危機管理」ですが、この点、あえてタブーに確信犯的アプローチしてみます。 c0031438_15581588.jpg

続き・・・
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-15 23:50 | FSUN


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
LINK
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク