誰でもわかる国際理解教育や国連支援活動を中心としたblogです。              提供:資源循環プロジェクト

by fsun_rrp
 
カテゴリ:国連広報から( 10 )
 
世界保健デー(4月7日)に寄せるコフィー・アナン国連事務総長メッセージ
広報資料)
プレスリリース05/034-J 2005年4月7日

子どもは私たちの未来であり、母親はその守護者です。それでも今年だけで、50万
人以上の女性が妊娠や出産中に死亡することになります。5歳になる前にこの世を去
る子どもたちも1,100万人近くに及び、そのうちの400万人は、生後1カ月以内に命を
失ってしまうのです。こうした死のほとんどは、開発途上国を襲うことでしょう。で
も、その多くは予防できるはずです。

『世界保健報告2005:母親と子どもたちの一人ひとりを大切に(The World Health
Report 2005 ‐ Make every mother and child count)』では、この注目されること
も報じられることも少ない健康の危機に焦点を当てています。母親と子どもを大切に
するのは、私たちがすべての人間の命を尊ぶからです。それはまた、母子の健康は健
全なコミュニティと国の繁栄の根本だからでもあります。

5年前に「ミレニアム開発目標(MDGs)」を採択するにあたり、全世界の政府は、
2015年までに妊産婦の死亡を4分の3減らし、幼児死亡率を3分の2低下させることを約
束しました。一部の地域では進歩が見られるものの、改善が滞っている地域もありま
す。中には、状況が改善するどころか、後退している国々もあります。

世界保健デーはこの問題に目を向ける機会となりますが、それは何よりも、行動を
促すための機会です。それはまた、政府、国際援助機関、市民社会、民間セクター、
メディア、家族、個人など、すべてのパートナーに対し、母子の生存、健康、そして
福祉を目指す持続可能な活動を進展させるよう、一様に呼びかける機会でもありま
す。今年の世界保健デーにあたり、この任務を遂行する決意を新たにしようではあり
ませんか。
[PR]
by fsun_rrp | 2005-04-07 14:00 | 国連広報から
 
2005年国際女性の日第4回公開フォーラム開催のお知らせ
(広報資料) プレスリリース05/021-J 2005年2月24日
「しなやかな社会を目指して
女性とエンパワーメント 過去・現在・未来」

3月8日が「国際女性の日」と定められてすでに一世紀。世界中でさまざまな団体が
この日を祝っています。国連では1974年を「国際女性年」と定め、それ以降毎年この
「国際女性の日」を記念したイベントを開催し、ジェンダーの平等と女性のエンパ
ワーメントの促進、啓発に一層取り組んでおります。さらに2002年からは、日本にあ
る国連機関が公開フォーラムを国連大学で共同開催しております。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-02-25 10:54 | 国連広報から
 
地球温暖化防止条約京都議定書が発効
(広報資料)プレスリリース05/017-J2005年2月22日

地球温暖化防止条約京都議定書が2005年2月16日発効し、コフィー・アナン国連事
務総長が、温室効果ガス制限に寄与することで地球を救うよう世界に呼びかけ、また
国連環境担当責任者は、汚染を引き起こす世界最大の国である米国民に対し、たとえ
政府が反対しても議定書を支持するよう強調しました。

1992年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)京都議定書のもとで、先進工業国は6
大温室効果ガスの総排出量を、2008年から2012年までの5年間で、1990年の水準にま
で削減するよう義務付けられています。これまで140カ国が条約を批准しています。

c0031438_19152866.jpg


More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-02-22 19:15 | 国連広報から
 
UNRWA緊急アピールに日本政府が1,500万ドルの貢献を発表
プレスリリース05/018-J 2005年2月22日

日本政府は国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の2005年緊急アピールに対
して、1,500万米ドルを拠出すると発表しました。
この寛大かつ迅速な貢献によって、UNRWAは過去4年に渡りイスラエルの家屋破壊
活動によって家を失った何千もの難民のための大規模な家屋再建事業に着手すること
ができます。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-02-22 19:10 | 国連広報から
 
国連、インド洋早期警報システムの調整へ
プレスリリース05/010-J 2005年1月20日即時発表

兵庫県神戸 -各国代表はきょう、国際・地域協力の重要性を強調し、インド洋地域早期警報システムの創設に対する支援を約束しました。先月の津波災害では20万人もの死者が出ましたが、このような警報システムがあれば数千人の命が救えたはずだというのが、専門家の一致した見方です。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-21 11:30 | 国連広報から
 
地球的な早期警報システム、国連防災世界会議で発足
(広報資料) 記事資料05/009-J 2005年1月19日

地球的な早期警報システム、国連防災世界会議で発足

兵庫県神戸 - 国連の専門家は、脆弱なコミュニティに対する自然災害の影響を和らげ、生命と生活を守るための国際協力を強化することを目的として、地球的な早期警報システムの創設を決定しました。

c0031438_23272547.jpg

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-19 19:40 | 国連広報から
 
国連防災世界会議、神戸で開幕
(記事資料) プレスリリース05/008-J 2005年1月18日

神戸(兵庫県)-壊滅的な被害をもたらしたインド洋での津波発生から3週間。自然災害に対するコミュニティの備えを強化するという喫緊の課題に取り組むため、国連防災世界会議がけさ、神戸で開幕しました。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-19 08:40 | 国連広報から
 
国連防災世界会議、OCHA事務次長開会の辞
(記事資料) プレスリリース05/006-J 2005年1月18日

国連防災世界会議開会の辞
ヤン・エーゲラン国連人道問題担当事務次長
天皇、皇后両陛下
皆様
私たちはつい先日、現代史上で最大級の自然災害に見舞われたばかりです。この悲劇の規模を完全に把握することはできないかもしれません。津波で命を失われた方々を悼むとともに、勇敢な対応を続ける現地の、そして国際的な救援活動員の方々に敬意を表したいと思います。
死者に敬意を示す最善の方法は、生きている者を守ることに他なりません。私たちはきょう、ここに集い、新たな緊迫感と活力をもって、この課題に取り組むことになります。言葉を実行に移し、善意を具体的行動で示さなければならないことは明らかです。
日本の有名なことわざからも、「実行力なき洞察力は白日夢、洞察力なき実行力は悪夢」であることがわかります。

続き・・・・・
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-18 22:18 | 国連広報から
 
国連防災世界会議(神戸)が開催
(広報資料)> プレスリリース05/004-J 2005年1月17日即時発表

神戸の大地震から10年
~明日1月18日、国連防災世界会議が開幕します~
 10年前の1995年1月17日、神戸を襲った大地震はわずか20秒の間に、6,433人の死者と4万人以上の負傷者を出しました。この阪神・淡路大地震は日本とそこに住む人々にとって、忘れたくとも忘れられない経験となりました。このような大規模な地震に対する備えができていなかったことを思い知らされたからです。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-17 18:59 | 国連広報から
 
国連防災世界会議に寄せる事務総長メッセージ
(広報資料)プレスリリース05/005-J 2005年1月17日

国連防災世界会議(兵庫県神戸、2005年1月18~22日)に寄せるコフィー・アナン国連事務総長メッセージ
親愛なる皆様
まず、この会議を主宰し、世界的な防災に先頭に立って取り組み、アジアでの津波災害への対応にあたっても指導力を発揮された日本の方々と日本政府に対し、感謝の意を表したいと思います。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-01-17 18:51 | 国連広報から


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
LINK
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク