誰でもわかる国際理解教育や国連支援活動を中心としたblogです。              提供:資源循環プロジェクト

by fsun_rrp
 
カテゴリ:メールマガジン( 22 )
 
FSUNメルマガVol.23より
【握手の東限とお辞儀の西限】

 5月中旬からウズベキスタンが不透明な情勢になっている。個人的には日本
ウズベキスタン協会会員でもあり、市民の多くが犠牲になったことが残念であ
る。ウズベキスタンにも第二次世界大戦中や後に多くの日本人捕虜が労役に送
り込まれた。シベリア送りと違って事故死以外の人が、その後に無事の帰国を
遂げている。当時、多くの市民から労役中に、内緒で食料をもらったと多くの
旧日本兵が語っている。潜在的な親日国でもある。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-07-14 14:34 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.22より
【暦から学ぶ、この国の歴史と成り立ち】

 ふづき(七月)も半ばの声を聞くと、梅雨明けのことが気にかかる。
 瑞穂の国に豊かな恵みをもたらす雨ではあるが、梅雨明け前の大雨は、例年
被害が甚大であるからだ。「さみだれをあつめてはやし、、」のさみだれは、
五月雨と書くが、旧暦の五月のことであるから梅雨の大雨である。「五月晴れ」
は、したがってゴールデンウイークなどの行楽地報道などで見られる快晴の風
景ではなく「梅雨の晴れ間」である。梅雨に入れば、天気図で「入梅」の構図
はいともたやすく理解が出来る。しかし梅雨は明けてみないと、「梅雨明け」
を宣言できない。そこで「戻り梅雨」や「帰り梅雨」など気象予報士のエキス
キューズを助ける言葉が古来からあるのが面白い。

 天候の話をしたいのではない。日本の暦は、本来、農業暦である。自然との
かかわりを神事で伝える稲作文化は、アジア特有の文化である。稲作は、民族
の命を支えてきた史上最大の生命産業と言えないだろうか。天皇陛下は、自ら
新嘗(にいいなめ)祭で稲を皇居の水田に植えられる。天皇家は、神事ととも
にある。誤解を恐れずにいえば神事に基づく御一家である。風水の事も、生活
に深く根ざした陰と陽、木火土金水(陰陽五行)に基づき宇宙の構成要素を考
えた古代人の智恵には違いない、その評価は別として。仏教、キリスト教伝来
以前の史実から、既に生きる術としての農業が、大きくそこに横たわる。そし
て深く先人達の生活に定着していた。歴史を遡り学ぶためには、これらをまず
受け止める必要がある。宗教問題でなくて、日本という国の成り立ちにおいて、
稲作と神事のかかわりを無視できない。これは、他方、歴史と神話とを混同さ
せかねない危険にも満ちている。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-07-07 14:32 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.21より
【湿潤なアジア。人も水を多飲、厠も頻繁。】

 尾篭(びろう)な話で恐縮だが、アジアとアジア人をまじめに語るので、お
許し願いたい。さて、日本は明治以降、「脱亜入欧」を真剣に目指して「しゃ
かりき」に走り抜けてきた。途中、あらぬ方向に脱線してアジアに迷惑もかけ
たが、今は国際援助大国の使命を生真面目に全うしようと懸命である。

 さて、「脱亜入欧」というが、日本人が欧米に入れないものがあるとすれば、
それは、「身体的」「生理的」な問題だとおもうのだ。「西側先進国」に属し
てきたが、やはり「極東」。欧米からすれば、東のはずれの異端だと思う。そ
して、地理的気候風土から日本人の身体的、生理的な特徴を決定づけている。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-30 14:29 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.20より
【いずれをあやめかきつばた】

 読者の方々は、端唄にある「あやめ」と「かきつばた」は区別がつかれるこ
とだろうか?「しょうぶ」と「はなしょうぶ」もある。盛りは過ぎたとはいえ、
日本の雨季に清涼感をもたらしてくれる数少ない花である。小職は事情があっ
て、よく観察している。事情とは水墨画を普及させる団体に所属しているのだ
が(国際墨画会)、師範教程に課題として設けてあるのだ。「あやめはあやめ」
「しょうぶはしょうぶ」らしく描かなければならないのだ。ややこしいのは、
昔は「あやめ」は「はなしょうぶ」をさしていたからである。「はなかるた」
の「あやめ」は「かきつばた」である。混乱に拍車がかかるのが無理も無い。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-23 14:26 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.19より
【「突き抜けている。」!~朝鮮中央日報】

 5月に入って発表された、「ある数字」に日韓両国がおどろいた。

 教科書問題や竹島(独島)問題など、韓国政府の厳しい反応や中国の反日デ
モに共感する韓国世論などが、同国のメデイアから連日伝えられていた。「あ
る数字」は、「韓国に旅行した日本人が、前年比30%アップ!」「30歳代
以降の日本人女性の韓国旅行者数が、前年比50%アップ!」この数字を捉え
た「朝鮮中央日報(韓国)」の見出しは、「突き抜けている。」!だった。た
しかに、「突き抜けているかも知れない。」

 「対日感情が悪化!」と伝えられても、一向に韓国への日本人女性渡航者は
減らない。反日行動も起きようとも、ひるまず「冬ソナ」の聖地を訪ねる。
「ヨン様」の映画ロケ地に追っかけ馳せ参じる。なにせ、勢いがある。「突き
抜けている。」!は、実感にちがいない。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-16 14:23 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.18より
【前・理事長 寺沢一 先生のこと】

 本年は、春先からやたらと反日問題や憲法改正改悪論議と騒がしく時間が過
ぎて逝ったように思う。やがて、また終戦60周年や敗戦60周年の内向きの
話に加え、勝戦60周年記念行事や国連改革是非論議で巷間が騒がしくなる事
だろう。国連支援交流協会の前理事長、寺沢一先生は今で言えば、テレビコメ
ンテーターを務められた学者・文化人の先駆者的な立場とお考え頂くと良いと
思う。国際法の権威にして東京大学名誉教授であることは存じていたが、どの
くらい業績のある方か、正直言って存じ上げていなかった。協会のメンバーに
させていただいたとき、旧国際協力事業団(JICA・現機構)の専門筋の先輩か
ら「寺沢一先生って、あの先生が理事長なのか?」といわれ、「よく、ご存知
なのですね?」と申し上げたら、「大ばか者か、お前は?。国際法の寺沢一を
知らない事は恥なんだぞ!。」とおしかかりを受けてしまった。「東京大学法
学部卒業でもないものですから。」と言い訳したら、それが火に油をそそいだ。
「寺沢一を読まないでいて、国際協力とか国際貢献とか語るな!」寺沢先生は、
気取りのない先生で、あらゆることに進取の精神が旺盛であられたとおもわれ
る。「ユニクロ」がブームになったとき「軽くて暖かくて安くていいですよ」
と小職にも購入を勧められた。先生愛用、ディ-プパープルのフリースの色が
今も印象深い。 

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-09 14:19 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.17より
【親日宣言をあえて行った韓国人歌手の想い。】

 本年、「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」を書いたチョ・ヨンナム氏
(61)の問題となった朝日新聞の記事を先ごろ読み返した。書いた理由は、
韓国での風当たりは当然厳しいが、「物事の見方はひとつでないということを
伝えたかった」ということである。氏は、急に親日家になったわけではないら
しい。仕事柄、何度も来日し、「豊かだ。人が多い。これだけ大きな国にもか
かわらず、非常に秩序が取れている」と感じ、ほかのアジアの国々と違った風
土や人、文化などに興味をもったようだ。

 本当に親日家になったのは、「ワールドカップの時に多くの日本人が心から
の韓国への応援をしてくれた」~この感動が「知日派」宣言となったという。
また、日本の国会で「廬武鉉」大統領が演説を行ったときに拍手が18回も起
きた。これも、強い動機付けになったようである。韓国では外国の元首でも最
初の拍手ぐらいしか行わないそうだ。

 

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-06-02 14:18 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.16より
【「椿」。春待ちわびる人の耳に届く響きはいかがなものだったろうか。】

 「花」といえば「桜」であり、頃は「春」に違いない。これは「季語」とい
うより、日本人の魂の約束事に近い感じがする。「椿」は、日本語では言わず
と知れた「つばき」。中国語では「チン」。「椿事」と書けば、「めずらしい
事、喜ばしいこと」だという印象がある。

 さらには、「長寿、長編」などの意味も加わる。「椿」は、日本では「首か
ら、ぽろりと落ちる」ことから、病気の見舞いには最も向かない花だとされて
きた。他方、「落花に雪。踏み惑うが如く」と書けば、それは「雪の上に落ち
た、色鮮やかな椿」に違いない。時代小説なら、刃傷沙汰が起きて「斬っては
捨て、斬っては捨て」の予感がする。なにかと話題に困らない花である。が、
しかし「椿」は、日本と中国では違う物をさす。ちなみに中国では栴檀である。
「栴檀は、双葉より芳し。」のそれである。(栴檀林と書けば、人材が集う学
びの場であったり、教育の場であったりする。)仏縁が深い樹木であり、哲学
的な匂いがするし、崇高な気配が漂う植物である。

 ではなぜ、日本で「つばき」を「椿」とするようになったか?

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-05-26 14:14 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.15より
【平均寿命の話です。今度は、WHO。】

 世界保健機関(WHO)の先ごろの発表によると、今年も世界で一番の長寿
国を日本が保った。平均寿命が、世界最長ということである。「平均寿命とは、
0歳児における平均余命のことである。」今の0歳児は、理屈の上では82年
の平均余命をもっていることになる。

 戦後間もない頃は、男性は平均余命が50歳くらいであった。織田信長では
ないが、まさに人生50年というにふさわしい状況であった。わずかに60年
ほど前の話である。60年間で32年の平均余命の伸びは脅威的だといえるの
ではないだろうか?。おなじモンゴロイド(黄色人種)の国、モンゴル。小職
は、食糧増産支援や鉱工業調査で国の仕事を行ったことがある。97年当時、
小職担当の運転手さんが御母堂を亡くされ、お悔やみに伺うと60歳と知り、
若いなあと思わず口をついて出た。実は、その地域では長寿でめでたいとのこ
とだった。地域によっては、40歳台の平均寿命しかないところもある。過酷
な気象、食糧事情、保健衛生体制と様々な問題を抱えている。横綱朝青龍は、
ウランバートルの都会出身だが、遊牧民的なマインドを忘れない。命を散らす
が如くにぶつかる姿は、実は、命を惜しんで一瞬一瞬を懸命に重ねているかの
ようにも見える。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-05-20 10:56 | メールマガジン
 
FSUNメルマガVol.14より
【美しい日本の季節に】

 「Mottainai」(もったいない)は、「Kaizen」(改善)や「3S」(整理・整
頓・清潔)以来の国際的なヒットの予感がする。「国際化した日本語」を思い
つつ「八十八夜」がゆきすぎたことに気がついた。「別れ霜」などと、農作物
に被害をもたらす「霜」にさえ、別れを惜しむ「日本語」には、美しいものが
多くあると思う。日本人は、季節の別れを愛惜こめて見送ってきたのだと。

 さて、「五月」は「皐月」だが、旧暦で「さつき」であるから「4月」であ
ろう。富山地方では「四月一日」と書いて「わたぬき」さんという姓がある。
「綿貫」さんもおいでだが、「旧暦の4月1日」に「着物から綿を抜いたから」
に違いない。生活と暦が、現代のように歳時記で俳句の季語を探すのではなく、
智恵で結ばれていた頃の話だろう。「さつき」の「さ」は、金田一晴彦博士や
大言海の大槻文彦博士によれば、「田植え」を表すことばらしい。だから旧暦
の「さつき」は田植えをする月で、「水月」は、「田に水を満面に張る月」を
あらわす。

 よく日本にこられる外国のお客様が美しい風景の一つとして、「満面に水を
湛えた田が続く風景」上げられる事が多い。「瑞穂」の国だから、当たり前と
おもってはいけない。こんなに安全で安心な水が、豊富にある国を探して見つ
け出すのは大変だからだ。たしかに「安全で安心な水が、豊富な地域はある。」
しかし、国民に十分な水が行き渡る国はさほどない。

More
[PR]
by fsun_rrp | 2005-05-12 11:13 | メールマガジン


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
LINK
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク